飯能市の文化財板碑の移動工事

8月3日飯能市の文化財板碑の移動工事をさせて頂きました。 この碑は、1210年ごろに建てられたもの素材は、緑泥片岩が使われていました。地元で取れたものと思います。 石の硬度はあまり無く、古の加工技術では石の性質を理解して、よく作ったものと感じました。石の目がしっかりしている為、板状に加工がしやすい処も碑石に使用した最大の理由でしょう。800年の歴史、電子辞書には人間の頭脳で処理できないほどの蓄積が出来ますが、簡単に消す事の出来るメモリーです。しかし、板碑は今も語りかけるようでした。又聞きました。石の声を

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ishinokoe.co.jp/mt/mt-tb.cgi/131

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)